ごあいさつ



 このたび、滋賀県出身で東京都在住の写真家・藤原敦の写真展「つくろひtukurohi」を、三井寺観音堂書院にて開催する運びと相成りました。

 京都と滋賀の県境にあたる逢坂の関には、平安時代の歌人で琵琶の名手と伝えられる蝉丸ゆかりの神社があります。そこからほど近い古刹・三井寺での開催となる今回の展示においては、藤原の最新作『蝉丸』と、それに先立つ3冊の写真集『南国頌』『蝶の見た夢』『詩人の島』(いずれも蒼穹舎刊)より、原稿となったオリジナルプリントを多数展示します。

 また、藤原は2008年から2012年の間、日本の写真史に名を残す数多の写真集を手掛けた編集者・長谷川明(1949-2014年)を編集長に迎え、写真誌「ASPHALT」を出版しました。本展会場では、入手不能となっているバックナンバーも含め、すべての号をご覧いただけます。

 木々の葉が色づきはじめた秋の三井寺にお運びいただき、藤原の写真と琵琶湖の景色を、この界隈の散策とともに、お楽しみいただければ幸いです。

藤原敦写真展@三井寺実行委員会



プレス内覧会のお知らせ


10月5日(金) 
*展示初日の前日にプレス内覧会を行います。 取材その他メールにてご予約下さい。
info@fuji-field.jp



   
「文化で滋賀を元気に!プロジェクト参加事業」
「beyond2020 プログラム認証事業」
「第48回滋賀県芸術文化祭・びわ湖大津 秋の音楽祭参加事業」